ある旅館の貸切バスに感動

私は年齢も高齢になってきている事もあって、旅行に行く時はホテルよりも最近は旅館を選ぶ事が多くなってきました。
日本のおもてなしを感じる事が、観光地に行くよりも自分にとっては喜びになっている様にさえ思っています。

以前東北地方に旅行に行った時の事です。
最寄りの駅からは旅館専用の貸切バスが出ていると事前に教えてもらっていたので、駅をおりてその貸切バスを探そうとしたところ、その旅館の名前のついたバスが目の前に止まっていたので、すぐに乗り込む事が出来ました。

季節は冬で東北地方という事もあり、外は雪が降りしきるとても寒い状況だったのですが、バスに乗るとすぐに暖かいお茶を振る舞って頂き、気持ちが和んだのを今でも覚えています。
旅館までの道中も運転がとても優しくて、客である私に嫌な思いをさせまいと運転しているのがわかる程でした。

私もホテルや旅館の専用の貸切バスを何度も乗ってきましたが、ただ送り届ければ良いという対応も多かったように思います。
そこに違和感を覚えた事は無かったのですが、こういった経験を一度してしまうと、他の専用バスを乗った時にいつも比べてしまいそうです。

是非ともまたそういったおもてなしの心を感じられたらと思います。